妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由(フルカラー) 1話 叔母さん、今日は客として来たんです


公式サイトで無料試し読みはこちら

子供の頃は物凄く仲の良かった叔母さん

もちろんそれは子供が親戚の叔母さんに甘えるといったもので性的なものはない…

大人になって…
そんな感情は全くなかった

しかし、ある日を境に叔母さんが物凄くエロく綺麗で興奮する性的な対象になってしまった…

こんばんは♪

さとしです(`・ω・´)

今回はBookLive!コミック(ブッコミ)で配信が開始されてからソッコーで全話読んで記事にしています

作品のタイトルは

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由

私がソッコーで作品を見て全話読んだ理由はもちろん読んでいるうちにそのエロに引き込まれて興奮して読んでしまったのですが
まず読んでみようと思ったきっかけは作者が水無月三日先生だったからです♪

水無月三日先生は夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~の作品でも知っていてBookLive!コミック(ブッコミ)の人気ランキングでもかなりの長期間に渡って上位にいるような人気作品なのです♪

そんな水無月三日先生の新作なのでこれは読まなあかんやつやとソッコーで読みました♪

夫は獄中、一方妻は…~大家の息子に寝取られた人妻~もそうですが
夫がいるのに妻が他の男と乱れて乱れて乱れまくる作品がエロくてたまらない作風の水無月三日先生らしく
今回の妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由もいい感じに妻のすみれさんがエロく描かれていて抜けます(*´Д`)

妻の最近の行動に浮気を疑った夫が、子供の頃に妻と異常なくらい仲の良かった甥っ子の宏樹に妻との浮気の疑いを持ちます

もちろん宏樹からすると子供の頃から知ってる叔母さんで、特に性的な魅力を感じているわけではなくどこにでもいる普通のオバさんとしか
思っていない

だが夫は妻が最近帰りが遅かったり首筋にキスマークらしきものをたくさんつけてるのでもう居ても立ってもいられないような状態に…

そこまで叔母さんの不倫を疑い気が狂ったかのように宏樹に迫ってくる叔父さんをみて宏樹はなんでそこまで嫉妬深くなるのか…?と疑問に思っていた

叔父さんに宏樹が浮気をしていないというのなら証拠を見せろ

妻を尾行して浮気調査をしてこいと言われ、しぶしぶ叔母さんを尾行したところ…

キスマークの原因も…

叔父さんがそこまで妻の浮気に敏感に反応するのかもわかってしまう…

全ては叔母さんが魅力的過ぎてエロ過ぎるのが原因だった…


公式サイトで無料試し読みはこちら

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由(フルカラー)
1話 叔母さん、今日は客として来たんです ネタバレ

舞台は一軒家が立ち並ぶ住宅街。
夕暮れ時、夕飯の買い物帰りの主婦の井戸端会議で賑わっていた。

宏樹は伯父さんにある調査を依頼されていた。

だるい…
調査とか
だるいわぁ~

井戸端会議の中には近所に住む
宏樹の叔母もいる
彼女は親父の弟の奥さんだ

どこにでもいる
普通のオバさん

あらヒロ君
こんな時間から
おでかけ?

野暮用です

幼い頃から知ってるし
女として見たことは
当然一度もなかった…

今日…
この日までは

数日前ー
突然 叔父に
呼び出された

宏樹君…
なぜ君を
呼んだか
わかってるね?

いえ
まったく

ここ一ヶ月
妻の帰りが遅くてね
しかも彼女のうなじや
胸元に無数のキスマーク
らしきものができているんだ
そ、そこで
君のことを
思い出したんだよ

は?

き…きき…
き、君と妻は
む、昔から仲が
良かったよね
い、い、いつも
ベタベタして
き、気持ち悪いくらい

子供の頃の
話ですよ
何が言いたい
んですか?

君と妻が、ふふふ不倫して
いいいいない…なら
そ、そそその証拠を
持ってきてほほほしいんだッ

ふ、不倫の調査を
してきなさいッ

叔父は昔から
嫉妬深い性格
だったけど
ここまででは
なかった…

何か
あったんだ
ろうけど
悲しいな…

叔母さんの後を尾行する宏樹

…………

叔母は40分の飲み放題と書いてある看板のある店に入っていった

なーんだ
キャバクラで
働いてたのかよ
そこの客と
不倫してる
ってことかな

からかって
やるか

いらっしゃいませ
ご指名はございます
でしょうか?

え、あぁ
………
ミ、ミルクちゃん
お願いします

御新規一名様
入りまぁスッ

なんかここ…
暗すぎないか?

(店内を見渡すと客と女の人がマンツーマンでおっぱい揉んだりしている)

セクキャバだった…

下半身はNGなので
お気をつけください

あの…

あっ
チェンジするー?
さすがに
親戚の叔母ちゃん
なんて嫌だよねー

(宏樹は叔母さんのおっぱい、太もも、股間に目をやる)

あっいえ…
生中貰えます?

あっ…うん
でもほんと
無理しないで
いいからねー

叔母さんの肩に手をまわし
生中をゴキュゴキュと一気に飲み干すヒロ君

ヒロ君って
大学一年生だっけ
今は夏休み中かな?
(叔母さんは横目でヒロ君の股間を見ながら焦っている)

プハーゲッ
(ズボンの上からでもギンギンになってるのがわかるヒロ君のちん〇ん)

違うよ~
巨ねん中退して
今は糞ニート
満喫中だよ~ん
(ヒロ君は叔母さんに抱きついて首筋の匂いを嗅いでいる)

ああ、ごめんね
最近物忘れが
多くて…

叔父さんゴメン…
我慢できない…

(ヒロ君は叔母さんのおっぱいの谷間に手を入れる)

こーら
やめなさい

今日は
客として
来たんです

他の子に
しな?
若くて
可愛い子
沢山いるから

(ヒロ君は後ろからおっぱの下あたりに手をまわし
首筋の匂いを嗅ぎながら叔母さんに上にのってもらい
股間をスリスリとこすりつけている)

ミルクちゃん
じゃなきゃ嫌だ

もう…
ふざけないで

こりゃ
キスマークも
つくわ…
(ぢゅっぢゅっと首筋を吸うヒロ君)

つづく!


公式サイトで無料試し読みはこちら

妻を風俗嬢にしてはならないこれだけの理由(フルカラー)
1話 叔母さん、今日は客として来たんです 感想

まさか叔母さんのすみれさん、セクキャバで働いていました

店に入るまではキャバクラだと思ってヒロ君はちょっとからかってやるかくらいの軽いノリで店に入ったんですがまさかのセクキャバだったって感じです♡

すみれさんもさすがの甥っ子も親戚の叔母さんが相手じゃイヤでしょと思ってチェンジを勧めたが…

ヒロ君はバニーガールの格好をした叔母さんの服からこぼれ落ちるおっぱいやV字の服で少ししか隠れていない股間を見て
チェンジ無しでそのまま叔母さんに接客してもらうことに♡

ヒロ君の気持ちわかりますよ♡

たしかに叔母さん、バニーガールの格好するまでヒロ君もわからなかったんでしょうけど

おっぱいでかいし身体エロ過ぎです♡

こんな女の子がセクキャバで出てきたらすぐにおっぱいに貪りついて
時間ギリギリまで全身舐めまわしたくなりますね(*´Д`)

ヒロ君は叔母さんの横に座るとフル勃起して出されたビールを一気飲みして
叔母さんに抱きついて首筋にイチャイチャ♡

叔父さんゴメン…
我慢できない…
と思いつつ

叔母さんのおっぱいの間に手を入れるヒロ君

もうただの興奮するメスを見つけたオスですな(*´Д`)

今まで何も感じていなかった叔母さんのエロい格好を見たらまじで興奮するやつやった♡

今まで何も感じずにスゴイ近くにいたのに気づかなかった

すぐそばにいたのに

こんなエロい女が♡

今まで何も感じなかったというのがポイントでバニーガールの服を着たときのおっぱいのでかさと
身体のラインのエロさがギャップになって余計興奮するんですよね(*´Д`)

まだ服越しではありますが
ちん〇んを叔母さんのバニーガールの服の股間にこすりつけて興奮するヒロ君

はじまった叔母さんとの秘密のエロい関係♡

このセクキャバの中だけの関係でおわるわけありませんよね(*´Д`)

公式サイトで無料試し読みはこちら